スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

犬を連れて行く費用

犬連れで海外へ行く方法として2種類あります。

1. 自分と一緒に貨物(もしくは手荷物)として渡航する
2. 業者に依頼して自分とは別の便で渡航する


一つ目の場合、検疫も自分で行う必要がありますし、空港まで連れていく手配ももちろん自分。
空港が近くにあるなら断然こっちを選択すると思います。

二つ目は、日通やJTBカーゴなどの業者に依頼します。検疫やペットホテルの手配まで行ってくれますが、場合によっては人間より高くつきます。

我が家の最寄り空港は関空なのですが、関空からシカゴへの直行便が出ていないため、必然的に成田から出国する事になります。
関空からデトロイトまで行って乗り継ぐという手もありますが、英語力のなさから、自信ありません。

問題は、滋賀から成田までどうやって犬を連れていくかです。
見当も付かなかったので、JTBカーゴに見積もりを依頼しました。

それによると、

滋賀→羽田空港
羽田空港→成田空港
ペットホテル
成田での検疫立ち会い
現地側費用
その他諸々で、かかる費用がなんと40万以上!

これにはさすがにびっくりしました。
高すぎる…。安全には変えられないとはいえ、高すぎる。
ちなみに、成田まで自分で連れていく場合でも30万以上かかります。
さらに、到着が土日になると+10万以上…。

はじめは、業者さんにお願いして私はゆっくり…と思いましたが、そういうわけにもいかなくなりました。

そこで、自分で連れていく方法も検討したところ、

滋賀→伊丹空港
伊丹空港→成田空港
ペットホテル
成田空港→シカゴ(44,000円)

となるわけですが、成田からシカゴの運賃の他、多く見積もっても10万円ぐらいだと思われます。
一番の難関は滋賀から伊丹空港までどうやって連れていくか。
人間なら、京都までJR、京都からリムジンバスなのですが、はたしてリムジンバスにペットを乗せてくれるのかという問題もあります。

費用の話だけではなく、検疫も乗り越えなければいけないので、狂犬病ワクチンの摂取や血清を送ったりと同時進行でしなければいけない事も盛りだくさん。

本当はすぐにでも飛行機の予約を取りたいのですが、ビザを取得するまでは予約ができないのです。

ネットで予約できるのは主に往復航空券なので、片道で購入となると直接旅行代理店に問い合わせる事になります。



ふぅ
なかなか記事にしようとするとまとまらなくって、自分の為の防備録にもなっていない…
17:47 | 渡米準備 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
ガリガリ | top | 近況報告

comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://ninanan.blog33.fc2.com/tb.php/17-8205fee2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。